ぼっちぃの秘密基地 Written by koufukuin staff

基本をおさえて円満な相続を!【相続の方法・範囲】

ぼっちぃの豆知識 興福院

こんにちは!ぼっちぃです!

前回、” 相続の基本・仕組み ”についでご紹介しましたが、

今回は、” 相続の方法・相続人の範囲 ”についてご紹介したいと思います!

遺言書の有無がポイント

相続において、財産の譲渡はまず被相続人の遺言書に従います。

遺言書がない場合、法定相続人遺産分割協議を通じて財産を分け合います。

遺言書があっても、相続人と受遺者全員が合意すれば遺産分割協議が可能です。

法定相続人は親族で、近い関係ほど優先順位が高くなります。

配偶者は必ず法定相続人であり、子(孫)が第1順位、親(祖父母)などが第2順位とされています。

遺言書があるかないかで相続の方法が異なる

相続の際、遺言書の有無は決定要因となります。相続が発生したら、まず遺言書の有無を確認することが重要です。

法定相続人の範囲

法定相続人は原則として故人の親族で、関係の近さにより優先順位が決まっています。

上位の相続人がいる場合、下位の相続人は財産を相続できません。

相続する割合は民法で決められている

遺言書がない場合、遺産分割協議で相続分を決める基準は民法で定められた「法定相続分」です。

法定相続分では配偶者の権利がもっとも大きく、財産の2分の1を相続します。

子供がいる場合、2分の1の権利が複数人で分かれます。

子供がいない場合は、配偶者の取り分がさらに増えます。

配偶者がいない場合

配偶者がいる場合

戸籍を取り寄せて子の有無を確認する

相続手続きでは、「法定相続人の特定」が重要です。

相続人は被相続人の子供で、実子、養子、嫡出子、非嫡出子が第1順位となります。

ただし、非嫡出子には相続人が男性の場合、認知が必要です。

夫の死亡時に妻が妊娠していた場合、お腹の中の赤ちゃんも相続人となります。

相続が発生すると、戸籍を確認して子供の有無を調べ、法定相続人を特定します。故人の離婚歴や認知した子がいる場合も考慮されます。

故人の出生から死亡までの戸籍を確認

戸籍謄本本籍地から取得可能ですが、転籍や婚姻により情報が分散している場合があります。

故人の経歴を遡り、出生から現在までの情報を各地から取り寄せる必要があります。

続く…